株式会社 渡辺コンサルティングオフィス
トップページ
データ経営構築と運用
審査の現場から
内部監査員養成講座
会社案内

…渡辺コンサルの独り言…

(2016年4月3日付)

〜議論の場としてのMS経営研究会〜

皆さん、今日は、関東は昨日から天気が悪く、寒いですね。今日の日曜日は全国的に雨。折角のお花見を楽しみにしていた方々は本当に残念だと思います。桜は満開! しかも、この土日はベストタイミングですからね〜。花見など行く余裕の無い私ですら残念です。(昨日、電車で新宿に行ったのですが、途中、四谷駅でふと空を見上げると、上智の土手の桜は満開でした)

さて、本題。マネジメントシステム経営研究会の目的は、企業がQMSやEMSを活用し、その経営に活かすための “使い方” を皆で考え、分かり易く世に広める事が目的です。当然、売上を伸ばし、利益を守る事と密接に関連します。“マネジメントシステムと企業会計の一体化” は常々訴えてきたところです。そして、単に 「ISOの認証を取れば良い」 という時代は終わったし、また、終わらせなければならない。この方向性は変わっていないのですが、さて、その研究会当日の進め方として、企業の皆さまに議論の場を提供出来ないかと考えています。

現在は 2015 年規格を読んでいますが、これは前半に行い、後半は次のようなテーマで “ワイガヤ” が出来ないか。例えば・・・。

  1. 内部監査とは?
  2. 購買プロセス : 取引先の評価とは
  3. 顧客満足に関する調査方法とその内容
  4. 力量とは何か? : 力量の評価について
  5. プロセスの分析及び評価とその活用
  6. 設計・開発とは? (特に、EMS)
  7. マネジメントシステムとは?
  8. 組織の知識
  9. リスクと機会
  10. ISOの審査とは?

審査で色々な企業さんに伺いますが、こういった点について、皆さん、一様に悩んでいるように思われます。前回の独り言にも書きましたが、「他の企業さんはどうやっているのか知りたい」 という根強い声や要望に応えることにもなると思いますし、また、その企業さんさえ良ければ、「ウチのフォーマットはこれです」 と、開示して頂けると、より各社の参考になると思うのです。また、順番で後ろの方になりましたが、「組織の知識」 「リスクと機会」 といったテーマは、我々プロの審査員ですら理解に苦しんだ訳で、一般企業さんにとっては大変難しいテーマだと思います。皆で議論し、理解を進めていく、共有していくという事は大切な事なのではないか、そう考えております。

また、その研究会ですが、いつも私が前に出て議事進行をしていますが、これら各テーマを議論する際は、どなたか (勿論、事前にお願いしますが) 前に出て頂いて、議事進行して頂くのも良いんじゃないか・・・。
そんな事を考えています。「どうも、この点が良く分からない、悩んでいる」 という普段の疑問を正面からぶつけて頂き、本音トークをしませんか?

次回は、4月12日です。まだ、席は十分に空いておりますので、このコラムをご覧の方、是非、ご参加下さい。参加自由です。(要、事前申し込み) 因みに、今回は内部監査を議論してみたいと思っています。

それでは、今回はこの辺で!


Copyright (C) 2006-2007 Watanabe Consulting Office CO.,ltd. All Rights Reserved. | 個人情報保護方針