株式会社 渡辺コンサルティングオフィス
トップページ
データ経営構築と運用
審査の現場から
内部監査員養成講座
会社案内

…渡辺コンサルの独り言…

(2016年5月22日付)

〜PDCAの大規模構造!〜

皆さん、今日は、いや〜 すっかり初夏ですね。北海道では30℃ を超えたところがあるようで、本州より暑いという事になります。この時期に! 北海道で! 凄いですよね。盛夏になったらどうなるのでしょう? 北海道は、夏より冬の方がビールが売れると言いますが、さ〜て、今年はどうなりますか?

さて、このところ 2015 年度版改訂のコンサルティングが立て続けにスタートしています。その初期段階のご説明で重宝しているのが、日本規格協会から出版されている 「 ISO9001 : 2015 要求事項の解説」 品質マネジメントシステム規格国内委員会監修 著者は中條武志 ・ 棟近雅彦 ・ 山田秀各氏です。“公式” 解説書と帯に書いてありますが、大変に分かり易い解説書で、皆さんもお買い求めになると良いと思います。その中で、特に私的に良いと思うのが 180 ページにある 「 3.1 JIS Q 9001 : 2015 に埋め込まれた PDCA サイクルの構造」 と題した図です。PDCA を3層重ねた図なのですが、この図を模写し、「PDCA大規模構造」 と題してコンサル先への説明時に使用しています。

3層の PDCA というのは、以下のように説明が付いています。

一番外の枠 :組織が製品及びサービスの品質を通じて経営目的を自発的に達成するためのPDCA
真ん中の円 :品質マネジメントシステムの構築のためのPDCA
一番内側の円 :製品及びサービス提供の運用のためのPDCA

この3層のPDCAですが、各章との関係は以下のようになっています。(下図参照)

一番外 :P (計画) は4、組織の状況と5、リーダーシップ
D (実行) は、枠全体が該当
C (チェック )は9. パフォーマンス評価
A (アクション) は10. 改善
真ん中 :P (計画) は6. 計画と7、支援
D (実行) は8. 運用ですが、このDに一番内側のPDCAが掛かっています。
C (チェック) は9. パフォーマンス評価
A (アクション) は10. 改善
一番内側 :P (計画) は8.1〜8.4
D (実行) は8.5と8.6
C (チェック) は9. パフォーマンス評価
A (アクション) は8.7と10. 改善
PDCA

これで分かるように、PとDは章がそれぞれ異なりますが、CとAは同じになっています。

それでは 9.1.3 分析及び評価の内容はどうなっているでしょうか?

  1. 製品及びサービスの適合
  2. 顧客満足度
  3. 品質マネジメントシステムのパフォーマンス及び有効性
  4. 計画が効果的に実施されたかどうか
  5. リスク及び機会への取組みの有効性
  6. 外部供給者のパフォーマンス
  7. 品質マネジメントシステムの改善の必要性

これを、先ほどの3層構造に振り分けてみると・・・

  1. は、一番内側の円
  2. は、同じく一番内側の円
  3. は、真ん中の円
  4. は、真ん中と一番内側の円
  5. は、すべてのPDCA共通
  6. は、一番内側の円
  7. は、真ん中の円

こんな形になりますね。因みに、一番外にあるPDCAは時間軸が長く、3年〜5年といった捉えで良いと思います。真ん中の円は基本1年間、一番内側の円は個々の製品及びサービス提供に掛かる “期間” です。

また、この3層ですが、
一番外側は “経営者” のPDCA
真ん中は “管理責任者” のPDCA
一番内側は “現場” のPDCA

こんな理解も出来そうですね。

以上です。今回はこの辺で!


Copyright (C) 2006-2007 Watanabe Consulting Office CO.,ltd. All Rights Reserved. | 個人情報保護方針