株式会社 渡辺コンサルティングオフィス
トップページ
データ経営構築と運用
審査の現場から
内部監査員養成講座
会社案内

…渡辺コンサルの独り言…

(2016年8月7日付)

〜報告とお詫び〜

皆さん、今日は、いや 〜 暑いですねぇ。異常な暑さを感じます。皆様、御自愛下さい。ところで、私のコンサル先に浜松町のお客さんがいます。東京モノレール沿いの高層ビルの中に入っているのですが、いくつもある会議室は皆、広く東京湾を臨み、もの凄く見晴らしの良い環境にあります。さて、8月3日のコンサル開始前、会議室から竹芝桟橋方向を見ると、ビルとビルの隙間から何やら停泊しているのが見えました。もしや! と思っておがさわら丸の時刻表を調べると、まさにピタリ! 3日11時父島に向けて出港となっているではないですか! それからは気もそぞろ。コンサルティングをしながら、ふと時計を見るとまさに11時。「休憩しましょう」 と言って窓際に行くと、丁度、おがさわら丸がビル影から現れ、後進しながら東京湾に出てきた時でした。お客さんも窓辺に寄ってきて口々に 「あれに乗って行ったんだ?」 とか 「大きいねぇ。人があんなに小さい」 とか思わず盛り上がりました。3代目おがさわら丸1万1千トン、確かに改めて見ると大きい! 私も久し振りに見たおがさわら丸が懐かしく、思わず見入ってしまいました。父島、また行きたいです。

さ 〜 て、本題。先週、5.3 組織の役割、責任及び権限の e) 項の記述が、9001 規格と 「要求事項の解説」 とで違うという話をしました。出版元の日本規格協会に問い合わせてみたら、9001 規格が正しいとの回答でした。

この相違。もう一度、掲載します。

JIS Q 9001 : 2015 品質マネジメントシステム − 要求事項
5.3 組織の役割、責任及び権限
e) 品質マネジメントシステムへの変更を計画し、実施する場合には、品質マネジメントシステムを “完全に整っている状態” ( integrity ) に維持することを確実にする。
ISO9001 : 2015 ( JIS Q 9001 : 2015 ) 「要求事項の解説」
5.3 組織の役割、責任及び権限
e) 品質マネジメントシステム変更を計画し、実施する場合には、品質マネジメントシステムを “完全に整っている状態” ( integrity ) に維持することを確実にする。

ね? 「品質マネジメントシステムへの 〜 」 が正しいという事ですので、皆さん、宜しくお願い致します。

ところで、その問い合わせをした際に、日本規格協会から 「規格要求事項の解説」 の第1版第1刷に対する 「正誤表」 を送ってきました。これは規格協会のHPに出ていますのでご確認願います。結構、多いです。ただ、その 「正誤表」 にも今回の誤植は掲載していないので、聞いてみて良かったと思う次第です。

ところでお詫びですが、前回の独り言で、5.3 組織の役割、責任及び権限の e) に関し、5.3 e) では品質マネジメントシステムへの変更を計画する場合の 「責任及び権限の整合性」 に触れているのに、6.3 変更の計画では、責任及び権限に触れていない、という内容の独り言を書いていますが、これは明らかに勉強不足、誤りでした。6.3 の変更の計画 d) でも 「責任及び権限の割当て又は再割当て」 と言っていますので、品質マネジメントシステムの変更に触れた箇条では、いずれも責任及び権限について要求事項があるというのが正解です。すいませんでした。
それにしても、3日にお客さんと話したのですが、今回の規格改訂では同じような事を何回も言っていて、くどいし、しつこいですね。顧客さんも言っていました。「信用していない」 と。つまり、規格の利用者を信用していないというのです。僕もそう思いますね。何でこんなに似たような要求事項がいくつもあるのか?

すべてではないと思いますが、“変更に関する要求事項の記述” はこれだけあります。
尚、斜めにしたところ は要求事項の文章です。赤字のところは意識して読んで下さい。
細かいですよ〜〜〜。

・ 5.3 組織の役割、責任及び権限 e) 項
品質マネジメントシステムへの変更を計画し、(略)
・ 6.3 変更の計画
組織が品質マネジメントシステムの変更の必要性を決定したとき(略)
・ 7.5.3.2 (文書化した情報) c) 変更の管理 (例えば、版の管理)
・ 8.1 運用の計画及び管理 
計画した変更を管理し、意図しない変更によって生じた結果をレビューし、必要に応じて、有害な影響を軽減する処置(略)。
・ 8.2.3.1
組織は、契約又は注文の要求事項が以前に定めたものと異なる場合には、それが解決されていることを確実にしなければならない。
・ 8.2.4 製品及びサービスに関する要求事項の変更
・ 8.3.6 設計 ・ 開発の変更
・ 8.5.6 変更の管理 
組織は、製品及びサービス提供に関する変更を、(略)

ざっと見てもこれだけあり、実は、細かく見るともっと他にもあるのです。それにしても、ちょっとくどいし、細か過ぎます。いい加減にして! と言いたくなる。病的なものを感じますよね。

例えば、共通要素を残して一つの箇条に纏めるとか、何か工夫があると思うのです。これらをコンサル先に説明し、理解して貰うだけで一苦労。審査も大変です。

まぁ、いずれマイナーチェンジされるかも知れませんね。

それでは、今回はこの辺で。


Copyright (C) 2006-2007 Watanabe Consulting Office CO.,ltd. All Rights Reserved. | 個人情報保護方針